FC2ブログ
まとめ きんぎょ速報 ホーム » スポンサー広告 » 恋愛 »風俗嬢に本気で恋をして悩んでいます

RSSリンク

おすすめ情報

おすすめ記事

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

風俗嬢に本気で恋をして悩んでいます  

1: 名無しさん@おーぷん 2015/12/14(月)03:16:16 ID:LdV
よくある話だと思いますが、現在風俗嬢に恋をしています。

これから少しずつ書いていきますので、
何かしらアドバイスをいただけるとありがたいです。

no title















142: 1◆Gsf67KLP6U 2016/05/23(月)19:55:10 ID:vrJ
こうしてみると、
彼女が風俗で働いているなんて嘘のようだ。

出会った場所が別の場所であったら、
自分はきっとその事実を知らなかっただろうし、
想像もしなかっただろう。

もしそのことを隠されていて、後で知った、
とかだったらショック死してしまうかもしれない。

そういう意味では、風俗で働いているという事実を知っている分
まだ良かったのだろうか…。
と、無理やりポジティブに考えるようにしてみた。

143: 1◆Gsf67KLP6U 2016/05/23(月)19:55:58 ID:vrJ
1「買ってきたよ」

藍「ありがと」

1「もうちょっとしたら、展望台行こっか」

藍「たしか整理券とか必要じゃなかったっけ?」

1「事前にチケット買ってあるから大丈夫」

藍「頼りになる~」

ちょっと冗談っぽく彼女が言った。
本当にそう思っているのか、茶化しているのか…。

144: 1◆Gsf67KLP6U 2016/05/23(月)19:56:41 ID:vrJ
指定された時間に入場口へと向かった。
事前にチケットを買っていたためか、
エレベーターに乗るまで、そう時間はかからなかった。

展望デッキまで行き、外を眺める。
天気が良く、遠くの景色まで見渡すことができた。

藍「高いねー」

1「そうだね」

藍「ここから飛び降りたらどうなるかな」

1「多分地面に到達する前に気絶すると思う」

こんな妙なやりとりをしている時間が、とても楽しい。
二人だけの時間だ。

145: 1◆Gsf67KLP6U 2016/05/23(月)19:58:18 ID:vrJ
藍「夜景とかも綺麗そうだね」

1「夜まで居る?」

藍「夜まではちょっと長いかなw」

1「そろそろ降りる?」

藍「うん」

そしてまたエレベーターに乗り、地上まで降りた。

146: 1◆Gsf67KLP6U 2016/05/23(月)19:58:36 ID:vrJ
1「いい景色だったね」

藍「うん」

1「この後どうしよっか」

藍「お腹空いた」

1「まだ午後4時なんだけどw」

藍「だってお昼、ちゃんと食べてないし」

そういえばそうだ。
ソラマチで買い食いする前提でお昼集合にしたが、
そこまでしっかり食べたわけでもない。

147: 1◆Gsf67KLP6U 2016/05/23(月)19:58:59 ID:vrJ
1「じゃあどこか食べに行こうか。今の時間ならお店も空いていて良いかもね」

藍「ラーメン食べたい!」

ラーメン希望だったのでラーメン屋に行った。

148: 1◆Gsf67KLP6U 2016/05/23(月)19:59:27 ID:vrJ
ラーメンを食べていると、彼女が聞いてきた。

藍「今日って何時まで大丈夫なの?」

1「終電くらいまでは大丈夫だけど」

藍「そっか」

1「なんで?」

藍「なんでもない」

それ以上は応えてくれなかったが、
彼女は嬉しそうにラーメンを食べていた。

『まだ1と一緒に居られる』
そう思ってくれているといいな。
そんな淡い期待を抱きながらラーメンを啜った。

149: 1◆Gsf67KLP6U 2016/05/23(月)19:59:47 ID:vrJ
1「ごちそうさま」

ラーメンを食べ終わり、店を出た。
外はまだ明るい。
この後どうしようかと考えていると、

藍「ちょっと散歩しよう!」

そう彼女が言った。
相変わらず散歩が好きらしい。

1「そうしよう」

150: 1◆Gsf67KLP6U 2016/05/23(月)20:00:13 ID:vrJ
散歩中もいろいろな話をしたが、
今日はどうしても話しておきたいことがある。

自分のことをどう思っているのか、
風俗の仕事はいつまで続けるつもりなのか、
なぜ九州にこだわるのか…。

そんなことを考えながら歩いた。

151: 1◆Gsf67KLP6U 2016/05/23(月)20:00:33 ID:vrJ
30分くらい歩いただろうか。
彼女が歩みを止めた。

藍「ちょっと休憩しようか」

見ると、横には『そういうところ』があった。

1「俺は、藍といろいろ話したい」

藍「うん、だから中で話そ。その方が落ち着いて話せるでしょ」

1「む…うん…」

なんだかうまく言いくるめられてしまった気分だ。

152: 1◆Gsf67KLP6U 2016/05/23(月)20:00:50 ID:vrJ
1「今日は俺が払う」

そういってフロントでそそくさと支払を済ませた。
この前のようにはいかない。

藍「えー、わたしも払うよ」

半額分のお札を差し出す彼女。
だが、ここは意地でも受け取らない。

153: 1◆Gsf67KLP6U 2016/05/23(月)20:01:22 ID:vrJ
部屋に入ると、
彼女は前と同じようにベッドに飛び込んだ。

藍「横になれるって幸せー」

1「いっつも言ってるよね、ソレ」

藍「人間寝るときが一番幸せなのよ」

1「そうかなぁ…いや、たしかに寝るのは気持ちいいけどさ」

そう言いながら、
とりあえず彼女の横に座ってみた。

154: 1◆Gsf67KLP6U 2016/05/23(月)20:01:53 ID:vrJ
そして、横になっている彼女の方に目をやると、
彼女もこちらを見て、艶やかな笑みを浮かべた。

と思ったら、彼女は突然起き上がり抱きついてきた。

そのまましばらく抱きついたままだったが、
お互い言葉は無かった。

そして、身体を少し離すと、
どちらからともなく口づけをし、そのまま身体を求めあった。

155: 1◆Gsf67KLP6U 2016/05/23(月)20:04:29 ID:vrJ
気が付けば、午後7時をまわっていた。
部屋には外の明かりは入ってこないが、
既に日は沈んでいるだろう。

ベッドの中で手をつなぎながら話をした。

藍「またしちゃったね」

1「うん…」

藍「私のこと嫌いになった?」

1「嫌いになんてならないよ」

藍「嫌いになっていいよ」

そんなことを言われて、言葉が出てこなかった。
やはり彼女は、自分と一線を置いておきたいらしい。
こんなに近くにいるのに、心は遠く離れているようで辛い。

156: 1◆Gsf67KLP6U 2016/05/23(月)20:04:57 ID:vrJ
続けて彼女は言った。

藍「私にどうしてほしい?」

そんな言葉が来るとは思わなかった。
『どうしてほしいか』
言ったところで、
それは自分の理想の押しつけでしかない。
彼女もそれを受け入れないだろう。

それが分かっているから、
言葉がなかなか出てこなかった。

157: 1◆Gsf67KLP6U 2016/05/23(月)20:05:19 ID:vrJ
藍「言って」

藍「1がどう思っているか聞きたい」

そうだ。
それが自分の理想の押しつけであっても、
彼女がそれを受け入れられなくても、
自分の気持ちはしっかりと伝えたい。

1「これは俺の勝手なわがままだけど」

158: 1◆Gsf67KLP6U 2016/05/23(月)20:05:41 ID:vrJ
1「あのお店を辞めて、俺と付き合ってほしい」

1「九州に行ってしまうことについては」

慎重に言葉を選ぶ。

1「正直、今の段階では何も言えない」

1「でも、好きな気持ちに嘘はつけない」

1「だから、九州に行くまででもいい。付き合ってほしい」

159: 1◆Gsf67KLP6U 2016/05/23(月)20:06:02 ID:vrJ
言った。
こんな言葉で良かったのかは分からない。
でも今の自分の正直な気持ちだ。

少しの沈黙の後、彼女が応えた。

藍「私もね、1のこと好きだよ」

160: 1◆Gsf67KLP6U 2016/05/23(月)20:06:39 ID:vrJ
藍「でも、今のお店もしばらくは辞めない」

藍「九州に行くのだって、そう遠くはない」

藍「だから、今は彼氏が欲しいとかは思っていないの…」

藍「ごめんね」

消えそうな声で彼女は言った。
分かっていた応えだったけど、やっぱりキツい…。

161: 1◆Gsf67KLP6U 2016/05/23(月)20:07:34 ID:vrJ
1「お店や九州行きの問題が無ければ、付き合えるの…?」

気が付けばこんなことを聞いていた。
我ながら往生際が悪い。

藍「私ね…」

そういって彼女は言葉に詰まったようだった。

藍「多分、1の『好き』と私の『好き』は違う気がするの」

162: 1◆Gsf67KLP6U 2016/05/23(月)20:08:15 ID:vrJ
一瞬、彼女が何を言っているのか分からなかった。
好きの種類が違う?

1「どういうこと…?」

思わず声が出てしまった。

藍「私が感じてる1に対する『好き』は、恋人とかに対する『好き』じゃない気がする」

藍「どちらかというと、大切にしまっておきたい宝物みたいな感じ」

頭を強く打ちつけられたようだった。
恋人とは違う…?宝物…?

163: 1◆Gsf67KLP6U 2016/05/23(月)20:08:58 ID:vrJ
恋人とは思えないけど、
大切にしたいとは思っている。
身体の関係もある。

じゃあ恋人との違いは何…?
身体だけが目当てってこと?
でも大切にはしたいと言っている。

LIKEとLOVEの関係?
いや、それよりももっと複雑な感じがする。

頭の中でこんな考えが駆け巡った。

164: 1◆Gsf67KLP6U 2016/05/23(月)20:09:39 ID:vrJ
でも、恋人に対する好きとは違う、ってことは
自分にとって、それは『好き』ではない。

彼女の価値観においては『好き』かもしれないけど、
自分の価値観では『好き』とはいえない。

自分の中で抱えきれずに、彼女に言ってしまった。

1「それ…多分、『好き』じゃないんだよ…」

165: 1◆Gsf67KLP6U 2016/05/23(月)20:10:53 ID:vrJ
彼女からの返事はない。

自分とは反対側を向いていて表情が見えない。

しかし、肩を震わせているのが分かった。

1「藍…?」

166: 1◆Gsf67KLP6U 2016/05/23(月)20:11:22 ID:vrJ
彼女の肩に手をやり、
こちらに振り向かせると、
彼女は泣いていた。

2週間前は凛とした表情で遠くを見つめていた彼女が、
今は涙をボロボロ流している。

それを見たら、もう何も言えなくなってしまった。

167: 1◆Gsf67KLP6U 2016/05/23(月)20:11:41 ID:vrJ
藍「ごめんね…」

小さく震える声だった。

自分にはどうすることも出来ず、
ただただ抱きしめるしかなかった。

168: 1◆Gsf67KLP6U 2016/05/23(月)20:12:45 ID:vrJ
外に出ると、日はとっくに沈んでいて、
既に終電に近い時間だった。

駅までは、何事もなかったかのように
普段通りの会話をした。
いや、そうでもしないと心が耐えられなかったのかもしれない。

そうこうしているうちに、
駅のホームへと着いた。電車は思いの外早く来た。

藍「今日もありがとうね」

1「うん、こちらこそ」

藍「それじゃあ、またね」

そういって彼女は電車に乗っていった。

169: 1◆Gsf67KLP6U 2016/05/23(月)20:13:11 ID:vrJ
帰り道、家に到着する少し前に
彼女からのLINEが来た。

そこには今日のお礼とともに、
『今日話したことは忘れないでね』の一文が添えられていた。

心のもやもやを解消するはずが、
余計にもやもやが大きくなり、
彼女との距離もより遠くなってしまった気がする。

そんなことを思いながら玄関のドアを開けた。

170: 1◆Gsf67KLP6U 2016/05/23(月)20:14:43 ID:vrJ
---

以上です。
大体こんな感じでした。

なんだか余計に辛くなってしまった気が…。

171: 名無しさん@おーぷん 2016/05/23(月)20:18:37 ID:69J
読んでました。
彼女が涙する以上、1氏のことは好きなんでしょう。
ただ、自分の夢を優先する気持ちに揺るぎはないと。
「大切にしたい宝物」とは、1氏と良い思い出を作りたいという意味でしょうか。
うーん、困りましたね。
1氏が九州に行くしかないような気がします。

173: 1◆Gsf67KLP6U 2016/05/23(月)20:34:48 ID:vrJ
>>171
ありがとうございます。
「恋人に対する『好き』とは違う」と言われてしまったのが
とてもショックで、茫然としてしまってます。

そういえば九州にこだわる理由も聞けなかったですね。。

174: 名無しさん@おーぷん 2016/05/23(月)20:39:23 ID:69J
>>173
いや、恋人に対する好きと同じなんだと思いますよ。
ただ、彼女は頑として店で働き、九州へ行くと。
その意思に揺らぎはないんで、そういう言い方になったんだと思います。

175: 1◆Gsf67KLP6U 2016/05/23(月)20:44:51 ID:vrJ
>>174
自分の夢のために、
恋愛は諦めようとしている感じなんでしょうかね。

176: 名無しさん@おーぷん 2016/05/23(月)20:49:46 ID:69J
>>175
そういう風に思えます。
1氏は、彼女の夢を応援するという形で付き合い、
ゆくゆくは九州に行くとか、あるいは、九州でなく首都圏に店を出すよう
説得するとか、そういう方法しか道はないと思います。
まず、彼女の夢の話を聞き、理解してあげてはいかがでしょうか。

177: 1◆Gsf67KLP6U 2016/05/23(月)20:53:12 ID:vrJ
>>176
そうですね。
少し急ぎすぎているのかもしれませんね。
焦らず彼女とコミュニケーションを重ねて、
彼女をもっと知るところから頑張ってみたいと思います。
ありがとうございます!

178: 名無しさん@おーぷん 2016/05/23(月)20:58:48 ID:69J
>>177
彼女の夢を理解し応援することで、1氏が彼女にとってなくてはならない人に
ポジションが上がる可能性があります。
そうすれば、彼女も九州ではなく、首都圏に店を出すと決めるかもしれません。
頑張ってください。

179: 名無しさん@おーぷん 2016/05/23(月)21:10:31 ID:B9Y
1氏、読みました。
…彼女は1氏の気持ちを知った上で質問していたように思いました。敢えてそのように言って欲しかったのか。その上で1氏とは『好き』の意味が違うと思うと言ったのでしょうか。
でも、ただ寂しさだけで1氏との肉体的な関係を望んだとも思えません。デート中の会話の内容も本当に楽しそうですしそもそも好きでなければデートなんてしませんからね。
でも、やはり彼女の本意は何なのかわかりませんね。もやもやしますね、本当に。
九州に行くのも近いと言っているし時間に余裕はないとは思います。そのなか彼女の本意を聴きたいと焦る気持ちはわかりますが、彼女を追い込むような言動には注意を払ったほうが良いと思います。知らず知らず自分の思いを押し付けないようにしてくださいね。
生意気な事言ってすみません。でも、本当に応援してます。

181: 1◆Gsf67KLP6U 2016/05/25(水)16:11:18 ID:aJa
>>178
彼女の夢は応援していきたいと思っています。
ただ、こちらの都合を押し付けないようにはしたいです。
今はどこに店を出すか気にするよりも
とにかく彼女のことを知っていこうと思います。
ありがとうございます。

>>179
ありがとうございます。
きっと私の気持ちは知っていたのでしょうね。
もやもやしますが、彼女の負担にならないように焦らず
コミュニケーションを取っていこうと思います。

172: 名無しさん@おーぷん 2016/05/23(月)20:29:39 ID:69J
何で彼女が九州にこだわるのかという謎も残されてますね。

180: 名無しさん@おーぷん 2016/05/23(月)21:55:42 ID:nE5
複雑な感じになってきてるみたいですね。
でも彼女はやっぱり1のことが好きなんじゃないかなと思う。
じゃないと泣いたりはしないだろうし。
1が本当に彼女のことが好きなら、この先どんな結果が待ち受けていようとも彼女のことをもっと知っていくべきだろうね。
もちろん焦らずに無理しないようにね。

182: 1◆Gsf67KLP6U 2016/05/25(水)16:15:10 ID:aJa
>>180
思ったよりも複雑な状況になってます。
それに、彼女から伝えられてない事情もまだあるかもしれません。
なんだか私ばかり、辛い辛いと言ってしまってますが、
彼女は彼女で辛い思いをしているのだと思います。
それが「九州に行ってしまうこと」なのか「言いたくても言えないことがある」のか
全く別の何かなのかは分かりませんが、
今は彼女と信頼関係を築いていけるよう行動していこうと思います。
ありがとうございます。

183: 名無しさん@おーぷん 2016/06/06(月)18:23:24 ID:nNX
自分も今すごく惹かれてる嬢がいます。
けど、その子は超人気あるし年齢も10離れてるし自分なんかじゃ無理だろう。
でも、通い続けて親密になりたいと思うジレンマ。
辛いです。
1さんにはこの恋愛が成就してほしいなぁ。

184: 名無しさん@おーぷん 2016/06/06(月)19:28:34 ID:3bJ
自分も、風俗嬢とデートしてる。
真剣に付き合ってる。
だから、1氏の恋愛も成就してほしい。

186: 名無しさん@おーぷん 2016/06/14(火)05:29:24 ID:EQH
ぼくも色々あって今、風俗嬢に恋してます。
このスレ読んで物凄く1氏が幸せになってほしいと願うばかりです。

187: 名無しさん@おーぷん 2016/06/15(水)08:14:02 ID:ias
恋したけど辛いですね…
仕事やお金の関係でお店行けるは来月になりそうだし…
参考までにみなさんはどれぐらいのペースで行ってますか?

188: 名無しさん@おーぷん 2016/06/15(水)10:05:48 ID:qMS
風俗嬢なんかに恋する時点で間違ってるの分かってるけど、好きになったらどうにもならんよね。

僕は月3か2かな。
基本ロングでとってます。
イチャイチャしてるだけで抜く気はないので、ほんと相手からしたらイイ鴨です、、

189: 名無しさん@おーぷん 2016/06/15(水)11:45:45 ID:uYI
月2回ロングです。

190: 名無しさん@おーぷん 2016/06/16(木)00:19:30 ID:yZq
皆様月二回ぐらい行っているのですね。
質問に答えていただき有り難うございます。

191: 名無しさん@おーぷん 2016/06/28(火)23:32:13 ID:wbk
彼女からすると、夢の為に身を沈めた筈が、スレ主と結ばれたら今までの自分を否定する事になる、これとの葛藤に苦しんでんじゃないかな。
頑張って!!




















この記事に関しての感想や意見などをコメントに書いてもらえたら嬉しいです。
関連記事
スポンサーサイト

category: 恋愛

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://matomerun829.blog.fc2.com/tb.php/799-e7d73855
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

来場者

おすすめリンク

メールフォーム

おすすめ情報

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。